ど素人、黄表紙をよむ

独学で黄表紙を読み、悪戦苦闘の成果をさらす。恥知らずの野暮天ですみません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桃太郎発端話説(ももたろうほったんばなし)⑥

06右()

焼け野の雉子、夜の鶴。
子を思う道は一筋というように、舌切りすずめの親鳥は、
子すずめの姿が見えないので、羽の知らせでもいいから聞きたく思い、
仲間のすずめを頼んで、行方を尋ねにでるとは殊勝なことだ。

すずめは迷い子を尋ねるのに、鉦太鼓では出ず、竹をたたいて出るので、
まるで雀踊りと節季候(せきぞろ)のひやわいのような出立だ。

せきぞろは すずめの わらふでたちかな」と
 翁の句も眼前体(がんぜんてい)である。 

(この浜で雀たちは、つづらを見つける)

06左

このつづらは「ここはところも西の海、筑羅が沖」という場所で、
暮れゆく歳のまめ囃子に、
厄払いどもが捕まえた悪魔外道をひとまとめにして、 
深いつづらに押し込めて沖なかへ流したもの。

それがこの浜に吹きつけたのだったが、
「厨子王丸の水入りか、雀の代わりに難破船がきたか」と、
すずめどもが引き揚げて持ち帰った。
 
なんの所詮もないことだが、これが狂言の筋じゃてや。

雀衆  さっさとござれや 
       おそいぞ おそいぞ
       迷子の~ 迷子の~ 
       …ああ少しおなかが、へこつき山の寒ガラスだ。

つづらは若い衆を頼みます。これではつづらすずめじゃ。

 母雀「さては、このアサリにも、せがれめはホラノカイのう。
    このツキヒガイ、ナデシコガイでそだてたものを、
    サクラガイの花を散らし、このようなシジミをミルクイとは、
    ホタテガイもないことじゃ。 
    わしは片ときもワスレガイぞや。
    "遠い親類より 近きタニシ"じゃ。
    サザイはあるまいが、タイラキながら、
    貴様たちもマテガイのないようにたずねて下されや。
    たとえクシガイじゃと言われても、アカガイ、アカガイ、大事ない。 
    しかしハマグリになつたと聞けば、
    シオフキのこうべにカキ宿ると、
    御方便で一度はアワビで下されようカイ」

 父すずめ「松浦佐用姫は石になったが、わしが息子はハマグリになったとはのう」

06両方(小)
(↑大きい画像で見ると迫力がある絵です^^)



【注】

羽の知らせ:「虫の知らせ」にかけている。

ひやわい:軒どうしが狭くて日が当たらないところ。

節季候:厄払いのお囃子をやって米や物品をもらう、門付け芸人。
     師走(12月)になると割れ竹や四つ竹,小太鼓,拍子木などを鳴らし,
     女の三味線に合わせてにぎやかに囃して歩いた。
     節季候 『人倫訓蒙図彙』7巻より 著/蒔絵師源三郎(他)

「せきぞろは すずめのわらふ でたちかな」
    松尾芭蕉の句のパロディ。元の句は「節季候を 雀の笑う 出立ちかな」。

眼前体:目で見たそのままに詠むタイプの俳句           

筑羅が沖:日本と唐土(中国)との潮境にあったとされる、架空の海。神の世界と人の世界との境界らしい。

まめ囃子:厄払い芸人のお囃子。
              「まめに暮らせるように」と願いをこめた、おめでたい内容。

厄払い:節季候と同様の門付け芸人。
     節分と歳の暮れに、厄払いの芸をしにやってくる。

水入り:歌舞伎の演出で、役者が本物の水につかるシーンのこと。

松浦佐用姫:九州の唐津にいたとされる姫。
       新羅との戦で恋人が出征したが、別離に耐えられず七日七晩泣き続けて石になった。

さっさとござれや~:節季候の囃子文句を替え歌にしている。
       節季候の囃子文句はこんな感じ↓らしい。
        エ、節季ぞろ、エ、節季ぞろ
         さっさござれや さっさござれや
         せきぞろ エッ、せきぞろ
         まいねんまいねん、毎とし毎とし、
         旦那の旦那の、お庭へお庭へ、
         飛びこみ飛びこみ、はねこみはねこみ
               
へこつき山の寒ガラス:「腹がへった」という意味の地口。            

つづらすずめ:ふくら雀の駄洒落

※貝の駄洒落(17連発)
カタカナになってる部分が貝の名前です(原文はすべて平仮名で表記)。
どんな駄洒落になってるか、ぜひ考えてみて下さい^皿^
スポンサーサイト

« 桃太郎発端話説(ももたろうほったんばなし)⑦|Top|桃太郎発端話説(ももたろうほったんばなし)⑤ »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kibyosi.blog.fc2.com/tb.php/7-46599dc4

Top

HOME

野暮天のサチ

Author:野暮天のサチ
江戸のおもしろ文学『黄表紙』を読み始めて1年余り。
ど素人の独学なので試行錯誤中ですが、あまりにも面白いので、みんなにも「黄表紙読み」をお勧めしたいと思ってブログをはじめました。

この人とブロともになる

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。