ど素人、黄表紙をよむ

独学で黄表紙を読み、悪戦苦闘の成果をさらす。恥知らずの野暮天ですみません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

方言競茶番種本⑩

■太五助、功をたてる。その正体は…

呑太夫の顔アップ

呑太夫は心中におかしさを押し隠し、

  呑太夫 「ヤイ太五助、不義せんとせしは不届きなれども、
       親に孝ある汝の心底しおらし、
       暇(いとま)はやれども取替えの金子(きんす)たてるには及ばぬ。 (※)
       このふんどしも捨つるよりは、そのほうへ返すぞ」

と、足にてそっと蹴ってやれば、

太五助アップ


  太五助 「ヤア、何そのふんどし下されんとや。
       ハア/\有難やかたじけなや、焦がれ慕うた親ふんどし、
       ご辞退申さず頂戴せん。
       重々深きご恩の御礼、今より御身の守りとなり、
       疝気になやみ給う時は、(だいだい)の粉を奉らん」

と、後ずさりして三拝九拝し、悦ぶことは限りなし。
呑太夫かさねて

  呑太夫 「詮議は済んだり、イザさらば」

夜明けまではほどもあらん、今ひと眠りとたち寄れば、
目算違えど詮方なく、お酌は今さらむっと顔。

男どもはそれぞれに、おのが部屋へと呑太夫、
みな打ち連れて入る後に、ひとりへっくり太五助が、
あたり見回し/\て、

  太五助 「お旦那の夜這いを引き受け、われ罪を蒙りしは、
       摺粉木腹を助かりし、ご恩に報いるひとつの功。
       たちまちこれで差し引きなし。
       さらば、おいとま申さん」

と、寝ござに包む天徳寺、引っかたげつつ悠々と、
表をさして立ち出れば、ひと間の内より声高く、

  呑太夫 「ヤアヤア、太五助とは仮の名。
        まことは東都戯作者の一人(いちにん)
        十返舎一九、まず待ちやれ!

呑太夫アップ(通帳の鎧)

と、障子開くれば呑太夫、
米屋・魚屋・青物屋の通帳を鎧となし、
味噌こしザルの龍頭(たつがしら)、猪首に着なして控ゆれば、
左右を守護する女ども、向こう鉢巻・玉だすき、
杓子(しゃくし)・摺粉木・棕櫚ぼうき、てんでに引っさげ立ちたる有様、
馬鹿気きってぞ見えにける。

太五助思わずとって返し、

  太五助
 (実は十返舎十九)「ハヽア、さすがの呑太夫よく知ったり。
           推量の通りそれがしこそ、
           十返舎一九と云えるなまくら者。

           貴殿の浄瑠璃好きなることを伝え聞き、
           何がな戯作の種にもと、姿をやつし入りこみしに、
           ハハア茶なるかな、方言(むだ)なるかな、
           酒本氏が家内の振る舞い、これぞ話の種本と、
           胸に納むるひと趣向。
           さらば!」

と出て行く年の、亥の初春のおとし玉
笑いの種を打ち出す豆、福はうちへと作料に、ありつく作者が悦喜の眉、
開くや花の草双紙、問屋の栄ぞ久しけれ。

作者 十返舎一九
    


取替えの金子:太五助は口入れで来た奉公人なので、
          呑太夫はすでに奉公代を支払っているが、
          それを返す必要はないと言っている。

橙の粉:「代々の子」と「橙の粉」をかけた洒落か?
      橙は「お家代々ご繁盛」する縁起物で、
      正月に餅などと一緒に奉納される。
      漢方医では胃腸病に処方もされる。
             
へっくり:調べたが分からなかった。
      文脈と語感的に「ひょっこり」か「こっそり」の同意語では?

天徳寺:紙衣の中にわらを入れた粗末な布団。
     芝の天徳寺の門前で売っていた。

龍頭:兜の前立て(おでこのところ)につける、龍の飾り。「りゅうず」ともいう。

向こう鉢巻:結び目が額にくるように締めた鉢巻き。

行く年の~:黄表紙は概ね、毎年正月に出版された。
スポンサーサイト

Top|方言競茶番種本⑩ »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kibyosi.blog.fc2.com/tb.php/64-78b1b077

Top

HOME

野暮天のサチ

Author:野暮天のサチ
江戸のおもしろ文学『黄表紙』を読み始めて1年余り。
ど素人の独学なので試行錯誤中ですが、あまりにも面白いので、みんなにも「黄表紙読み」をお勧めしたいと思ってブログをはじめました。

この人とブロともになる

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。