ど素人、黄表紙をよむ

独学で黄表紙を読み、悪戦苦闘の成果をさらす。恥知らずの野暮天ですみません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

方言競茶番種本⑥

■呑太夫 VS 下手横好

下手横好アップ

  下手横好 「それがし先刻腹痛によって、この家へ用たしにまかり来たるところ、
        酒一献とすすむるゆえ、下地は好きなり御意はよし、
        馳走にあわんと先程より、ひかえ待てども、いかな/\。

        今において盃をも出さず、
        あけらかんと待たせおいたる呑太夫の心底、
        察するところ、口先ばかりのチャラポコにて、
        客を客とも思わず仕打ち、もはや馳走にあうべき所存なし。
        無益の長居に腹へったれば、まかり帰る」
     
と、むしゃくしゃ腹。
畳を蹴立てて横好は、挨拶もせず出てゆく。    
呑太夫が居丈高、

呑太夫全身(すりこぎ)

  呑太夫 「ヤア、客とおもい馳走せんと先刻より、
       家内の騒動する心ざしを無駄にして、
       挨拶もなく立帰る横好が無礼の振る舞い。
       アレ、誰かある。横好を引ったて来たれ。
       異議に及ばば引っくくって立ち返れ、はやう/\」

と、下知につれ、「承る」と次の間より、
若党利金太、中間・小もの、てんでに摺粉木・火吹き竹、
猫も杓子(しゃくし)もおどり出て、勢いこんでかけ出せば、
我も用意と呑太夫、ひと間のうちへ、はせ入りたり。

ほどもあらせず表の方、立ち帰る横好、多勢を相手に叩き合う。
あたまのかけ皿・摺粉鉢、声も割れ鍋、薬缶のくちぐち、
わめき叫んで争うところに、

  呑太夫 「ヤア/\横好、しばらく/\、
       わいわい天王の後胤、間口三間・裏行き六間三尺五寸の家のあるじ、
       酒本呑太夫、見参せん」

と、ひと間の障子押し開き、寒々としてゆるぎ出、

  呑太夫 「ヤア、それがしが馳走をも待たず、
       近餓え(ちかがつえ)して逃げ吼えかく、
       下手の左衛門、立ち返っては喰らうものあるまじ。
       ひもじい腹を立てずとも、はやく我に降参し、
       茶漬けなりと酒なりと喰らって帰れ」

と嘲弄(ちょうろう)す。
横好はぐつと詰め寄り、

  下手横好 「ヤア、舌長し呑太夫。
        まこと我を客とおもわば、
        食膳の結構・山海の珍味を備え、酒は瀧水、肴の数々、
        吸い物・どんぶり・硯蓋(すずりぶた)大平つくりみならべたて、
        差いつ押さえつ、もてなすはず。

        それになんぞや街道茶漬け、馳走というは悪酒の鬼ころしならん。
        我に腹をくだせという汝が企み、小さい/\。
        この上はわが屋敷へたずね来よ。
        目覚しき料理をして、腹存分に喰らわせん」

  呑太夫 「ヤア、細ごと言わずと、客に来たおのれ。
       いっぱい喰らって立ち返れ」

  下手横好 「イヽヤその方、我が方へ来て喰らいおろう」

  呑太夫 「ホヽ、ぬかしたり/\。しからば再会はまた重ねて」

  下手横好 「ヲヽ、そのときはそっちの酒か、こっちの酒か、
        呑むか呑まぬは互いの口、それがしが馳走にあわば、
        腹のさけぬよう用心せい」

  呑太夫 「恩でもないこと、汝こそ、アゴをはずして吼えづらするな」

  下手横好 「まずはそれまでは。さらば/\」

と、負けず劣らぬ水かけ論。
蛙はくちから出放題太平楽の言い声ら、言い仕掛けてぞ別れいる。



若党:足軽よりは上位の小身の従者

利金太:歌舞伎『助六由縁江戸桜』の国侍利金太(くにざむらい りきんた)。
     下っ端の憎めない敵役。

中間:武士に仕えて雑務に従った者。侍と小者との間の身分らしい。

小者:武家の雑用に使われた者、身分の低い奉公人。

舌長し:言い過ぎだ。言い方が生意気だ。

酒は瀧水:四方(よも)久兵衛の銘酒、瀧水。
      多くの本に出てくる、当時の江戸の銘酒の代名詞。

硯蓋:口取りの肴

大平づくり:平たくて大きい椀(大平椀)に盛ったお刺身)

街道茶漬け:通り一遍で誠意がない食事のこと。
       元は街道筋で旅人に出していた、簡単な湯漬けのことらしい。

鬼ころし:安酒の代名詞。鬼も殺すほど酔いがまわる。

わいわい天王の後胤:『義経千本桜』になぞらえれば「×代天皇××の後胤」といきたい所だが、
               わいわい天王(大道芸人)の後胤、というギャグ。
               「わいわい天王」は天狗の面を被り、
               「天王様は囃すがお好き」などと囃して子供を集め、
               牛頭天王の赤いお札を配って、その親からお金をもらう芸人。
               いわゆる言祝ぎ芸の一種。

近餓え:食べたあとにまたすぐ食べるような、ガツガツした様子のこと

蛙は口から出放題:「蛙」と「帰る」をかけた洒落。

太平楽:のんきな様子
スポンサーサイト

« 方言競茶番種本⑦|Top|方言競茶番種本⑤ »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kibyosi.blog.fc2.com/tb.php/59-971053da

Top

HOME

野暮天のサチ

Author:野暮天のサチ
江戸のおもしろ文学『黄表紙』を読み始めて1年余り。
ど素人の独学なので試行錯誤中ですが、あまりにも面白いので、みんなにも「黄表紙読み」をお勧めしたいと思ってブログをはじめました。

この人とブロともになる

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。