ど素人、黄表紙をよむ

独学で黄表紙を読み、悪戦苦闘の成果をさらす。恥知らずの野暮天ですみません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

方言競茶番種本③

■不意の来客―下手の左衛門横好

こんな折から玄関先、「不時のお客の御入りなり」と、
わめきたてる声につれ、この家の主(あるじ)呑太夫、
衣紋あらため出迎えれば、入り来る客も浄瑠璃好き。

諸事、人形の身振りにて、悠々として座につけば、
呑太夫威儀を正し、

呑太夫の顔アップ (←呑太夫)

  呑太夫 「コレハ/\、下手左衛門横好(へたのさえもんよこずき)どの、
       まずもって御健勝で珍重/\」

下手横好の顔アップ(←下手横好)

  下手横好 「されば/\、其元(そのもと)にもご安体。
        それはともかく、只今それがし、まかり越したは、
        チト折り入って其元へ御無心申すことがござるて。
        ナントお聞き届け下さりょうや」

  呑太夫 「コレハ/\御挨拶。
       日ごろ貴殿とは水魚の交わり、申さばお互いのこと。
       御用あらば何なりとも」

  下手横好 「ホヽヲ、早速の御得心、まずは喜び申し上げる」

  呑太夫 「シテ、その御無心とは何の御用」

  下手横好「イヤ、特別の事情でもござらぬ。
       今日それがし所用あって、御門前をまかり通る折から、
       かねて昨夜より虫腹をこうむり、
       はばかりながらくだり続け、只今も腹痛はなはだしく、
       しきりに大用きざしけれども、
       さしあたってしかるべき雪隠(せっちん)も見え申さず、 
       如何はせんと存ぜしところ、はからずも貴殿の御宅を見受け、
       これ幸いと雪隠の御無心に参ったり。
     
       何とぞ御大事のものながら、しばらくお貸し下さらば、
       しこたま下してこの苦痛を助からんことを、
       生々世々(しょうじょうせせ)の御高恩、ひとえに願い奉る」

と、言う顔さえも青ざめて、ガチガチ震えて頼むにぞ、
呑太夫納得し、

  呑太夫 「ハヽア、近ごろの御辛抱、察し入る。
       イデ、雪隠(せっちん)を御用立てん。
       ヤア/\誰かある、手水鉢(ちょうずばち)に水を入れよ、早う/\」

  下手横好 「イヤ/\、お構いくだされるな。
        はなはだ早急になって参ったれば、すぐさまこのまま」

  呑太夫 「しからばご案内仕らん。
       貴殿のお腹くだるとござらば、イザびりついて、ござりませ」



雪隠:便所。かわや。

:すっきり。
スポンサーサイト

« 方言競茶番種本④|Top|方言競茶番種本② »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kibyosi.blog.fc2.com/tb.php/56-f73f880d

Top

HOME

野暮天のサチ

Author:野暮天のサチ
江戸のおもしろ文学『黄表紙』を読み始めて1年余り。
ど素人の独学なので試行錯誤中ですが、あまりにも面白いので、みんなにも「黄表紙読み」をお勧めしたいと思ってブログをはじめました。

この人とブロともになる

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。