ど素人、黄表紙をよむ

独学で黄表紙を読み、悪戦苦闘の成果をさらす。恥知らずの野暮天ですみません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

方言競茶番種本②

方言競茶番種本

■浄瑠璃大好き酒本家と、奉公人の太五助

鸚鵡(オウム)がよくものを言っても、声色を使わず、
せいぜいよく喋ったとしても潮来曲(いたこぶし)を歌わない。
人として生まれて声色潮来をうたわぬのなら、
日待ちの茶飯を、大っぴらに喰らうに値しない。
        
この例ではないけれども、これもまた浄瑠璃坂の片すみに、
酒本呑太夫(さけもとのんだゆう)という浪人があった。

妻も夫に連れ節とばかり、好む道といって下女・はしたまで、
家内のこらず諸事万事、みな人形浄瑠璃の仕草にて、
やってくる客人(まろうど)、諸商人(しょあきんど)も、
その心意気をかねてより、ぐっと合点している。

口入れのちょん兵衛、門口から小腰をかがめ、

  ちょん兵衛「ハイ、お頼み申し上げまする、
        酒本呑太夫様というのは、ご在宅でござりまするか。
        この間、仰せ付られました奉公人、召しつれて参りました。
       
        …コレ太五助。
        道々も言う通り、このお宅の旦那様はいたっての浄瑠璃好き。
        それゆえ朝夕なんでもかでも、
        みな浄瑠璃でやり付けねばお気には入らぬ。
        
        幸いそなたも浄瑠璃好き、これぞご注文の奉公人、と
        思ったゆえのわれらが口入れ。
        コレ必ず、ぬかるまいぞや」

…と、言い聞かせれば、太五助うち頷き、
しめし合わせて奥の間より、
この家の女房・お酌が立ち出で、

お酌アップ

  お酌 「ヲヽ、ちょん兵衛どのとやら、大儀大儀。
      委細はあれにて聞きました。
      シテ、その奉公人といやるのは」

  ちょん兵衛 「ハイヤ、すなわちこれなる男、名は太五助と申しまして、
         随分と実体者(じっていもの)、浄瑠璃は大の好物(すき)で 
         ござりますげにござります」

  お酌「ヲヽ、それさえ聞いたら、生国・身元をただすにも及ばぬ。
     しかしまた、他にもなんぞ言っておくべき事もやあるか」

と尋ねれば、太五助、板の間に平伏し、

太五助アップ

  太五助「ハヽッ、お尋ねに預かり、申し上げるもおこがましけれど、
       お庭廻りのはき掃除、お旦那のお髪、月代(さかやき)、薪もわり、
       飯も炊き、小料理もちくとんばかり、ちょっとお客へお吸い物、
       心得田んぼ酒の燗、あつ焼き玉子、ウド三つ葉、
       包丁とってトントントン、とんと抜け目は内証の、
       お徳用にはこの男、
       第一小食くわずとも、患わぬこと、請け合い/\その上に、
       お給金はなんぼでも、安いが望みでござります」
 
と、小鼻をいからして喋った。お酌は悦び、

  お酌 「ヲヽ、でかした/\、いさましい奉公人。
       呑太夫どのも、さぞお喜びであろうわいの」

  ちょん兵衛 「ハヽ、まずは奥殿の御意に入って、拙者めが安堵。
         このうえ旦那へおとりなし、お願い申し上げます」

と、いとま乞いしてちょん兵衛は、おもての方へ立ち出れば、
お酌は奥へ太五助を、伴いてこそ入っていく。



日待:朝のご来光を拝むために、夜通し開かれる酒宴。
    最初は信仰由来の行事だったが、
    そのうちちょっとした宴会の名目になっていったらしい。

はした:雑用係りの身分の低い女性。はしため。

口入れ:年季奉公の奉公人を用立てる手配師。口入屋。

実体者:まじめな者。実直な者。

月代:武士のおでこの剃ってある所。また、それを剃る仕事。

ちくとんばかり:ちょっとばかり

心得たんぼ:「心得た」と「田んぼ」をかけた洒落。
       歌舞伎の『下郎売(ういろううり)』に出てくる、
       威勢のいい口上の中の一節。
スポンサーサイト

« 方言競茶番種本③|Top|方言競茶番種本① »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kibyosi.blog.fc2.com/tb.php/55-fda4c44f

Top

HOME

野暮天のサチ

Author:野暮天のサチ
江戸のおもしろ文学『黄表紙』を読み始めて1年余り。
ど素人の独学なので試行錯誤中ですが、あまりにも面白いので、みんなにも「黄表紙読み」をお勧めしたいと思ってブログをはじめました。

この人とブロともになる

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。