ど素人、黄表紙をよむ

独学で黄表紙を読み、悪戦苦闘の成果をさらす。恥知らずの野暮天ですみません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

方言競茶番種本①

『方言競茶番種本(むだくらべ ちゃばんのたねほん)
 ―左右ハ虎の皮の褌 此方にも荒神様―』


発行:文化12(1815)年 初春
作:十返舎一九
画:歌川国直
板元:鶴屋金助
http://www.wul.waseda.ac.jp/kotenseki/html/he13/he13_01927/index.html

この本は庶民むけの滑稽本で、アホな設定に下ネタ満載となっております^^
本文は人形浄瑠璃の底本(台本)のような態で書かれていて、
七五調を多用した語感がとても気持ちよいです。
この語感(リズム)をくずしたくなかったので、現代語訳は最低限にとどめました。

また、登場人物のせりふ部分には便宜上、
名前とカギかっこを付けましたが、
原文ではカギかっこも名前も入っていません。
(浄瑠璃なら、声色や人形の動きで表現するでしょうからね)
なので、せりふの名前部分を飛ばして読むと、
原文に近いリズムがお楽しみいただけるかと思います。

オチが鮮やかでカッコいいですよー^^

ここをクリックで、全頁まとめて読めます。
※本文中のアンダーラインは脚注です。脚注はページ下部に薄青色で書いてあります。
※画像はクリックすると大きくなります。




序文

(序文)

こっけい義太夫の竹本男徳斎(たけのもとなんとくさい)による
国性爺(こくせんや)の宿替えも、    
(ども)の又平による大津絵のちゃり場も、   
世に演じられること、しきりである。

今、先人(近松門左衛門)のまねをして、
私がこの書を著すことは、しかしまったく拠り所がない訳でもない。
私は以前に浪速へ上った際に、
故・近松東南の妻女から、浄瑠璃の仕事を一本受け得たこともある。
これを書くために調べて、
浄瑠璃のちゃり場をおおむね抜き書きしたのである。

その中から思いついて、
この道に通じた好士が節付けをされれば、
月待日待の宴の一興となって、
茶飯腹を消(こな)していただくことはできないかと、
例の『方言競 茶番種本(むだくらべ ちゃばんのたねほん)』と 
題したのである。

文化 亥初春
東都 十返舎一九志



武本男徳斎:初代。江戸中~後期に活躍した浄瑠璃太夫。

国性爺:浄瑠璃や歌舞伎の演目『国性爺合戦』。

吃の又平:浄瑠璃『傾城反魂香』に出てくる絵師。
      吃音のために出世できず、大津絵(お土産物のイラスト)を
      描いて暮らしている。
      ちなみに『国性爺~』も『傾城~』も近松門左衛門の作。

ちゃり場:芝居の笑い要素の多い場面。

近松東南:大坂の近松門左衛門の門下の、浄瑠璃作者。
      十返舎一九は武士として大阪に赴任していた時代に、
      東南の世話になって作家修行をしたらしい。

月待日待:月見や日の出を待つ酒宴。
      最初は信仰由来の行事だったが、
      江戸後期頃には宴会目的の行事になっていったらしい。

茶飯:番茶で炊いたごはん。月待日待で供される。

茶番:素人が演じる即興芝居

種本:ネタ本
スポンサーサイト

« 方言競茶番種本②|Top|人間一生胸算用⑱ »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kibyosi.blog.fc2.com/tb.php/54-1543f9b4

Top

HOME

野暮天のサチ

Author:野暮天のサチ
江戸のおもしろ文学『黄表紙』を読み始めて1年余り。
ど素人の独学なので試行錯誤中ですが、あまりにも面白いので、みんなにも「黄表紙読み」をお勧めしたいと思ってブログをはじめました。

この人とブロともになる

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。