ど素人、黄表紙をよむ

独学で黄表紙を読み、悪戦苦闘の成果をさらす。恥知らずの野暮天ですみません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人間一生胸算用⑤

人間一生胸算用05右
この折におもてを、
 
  初カツオ~ 初カツオ~

…と呼び声が通ると、早くも耳は聞きつけ、口は無性に食いたがり、
番頭の気をそそのかせば、気はもとより少し浮かれ者なので
心に言う。

  気 「もし、心の旦那。思い切って初鰹をお買いなされぬか。
     七十五日生き延びると申します」

と勧めたが、心は言うことを聞かず、買わない。
こうあっては無二郎の身の行く末、万代も栄えるだろうと、
道々、頼もしく見える。
耳にもろもろの不定(思いがけないこと)を聞かせ
心にもろもろの不肖(未熟なこと)を思わすとは、ここの事だ。

  耳「番頭(気)さん、お前のお働きで旦那の前を、
     ちょっといいように頼めよ」
     …などと、七ツ屋にでも来たように口説く。

  気「もし、旦那。清水の舞台から落ちたと思って、お買いなされぬか」

  心「イヤイヤ、俺は清水の舞台にのぼったと思って、買うまい」

  京伝「なるほど、こう心が確かでは、
     気はいきいきとは出来ねえはずだ」
  
人間一生胸算用05左

そんなある日、無二郎が寺参りの帰りに両国辺りを通ると、
向こうより芸者が来たので、
目はたちまちこれを見つけて迷い、
耳はその三味線を聞きたがり、気をおだてると、
気はグッとこれにのり、心に勧めたけれども、
心はキッと辛抱して、なかなか合点しない。

  目「なんとマァ、いい燭台じゃアねえか。
     百目かけをいっちょう、灯してえ」
    …と、大門通りの金物見世を褒めるように、褒める。
  
  心「とかく見ると目の毒だ。見るな見るな。
     サア、歩べ歩べ。
     ざっと勘定したところで二分も痛事だ」

  芸者「喜助どん、百川には小田原の官司さんも、
      いさっしゃったかの」

  喜助「もっとかんざしを差し込みなせえ」




七十五日生き延びる:初鰹は初夏を告げる風物詩。
              初物は食べると寿命が七十五日延びると考えられ、江戸庶民に人気だったが、
              特に初鰹は霊験あらかたとされ、その人気は熱狂的だった。
              値段もべらぼうに高騰したので、
              江戸っ子は見栄をはって粋に初鰹を食うか、
              値が下がってから野暮ったく食うかでずいぶん悩んだらしい。

七つ屋:質屋。

いきいき:「生き生き」と「粋」をかけている。

百目かけ:1本で百匁(約375g)もある大きい蝋燭。

二分も痛事:約3万円の痛手。

百川:日本橋の有名な料亭。浮世小路に明治初年まであった。

官司さん:役人


スポンサーサイト

« 人間一生胸算用⑥|Top|人間一生胸算用④ »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kibyosi.blog.fc2.com/tb.php/40-6f304a4f

Top

HOME

野暮天のサチ

Author:野暮天のサチ
江戸のおもしろ文学『黄表紙』を読み始めて1年余り。
ど素人の独学なので試行錯誤中ですが、あまりにも面白いので、みんなにも「黄表紙読み」をお勧めしたいと思ってブログをはじめました。

この人とブロともになる

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。