ど素人、黄表紙をよむ

独学で黄表紙を読み、悪戦苦闘の成果をさらす。恥知らずの野暮天ですみません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桃太郎発端話説(ももたろうほったんばなし)③

03右

そうして実方卿は正直夫婦の情けの桃で、
しばしの飢えをしのぎ、また行く先におもむいていったが、
この程の疲れにはご様子がいままでと違い、
道のかたわらに病み伏してしまわれた。  

「懐かしき京の空は雲とのみか」と眺めやり、
つれない命を嘆き、 
このようにみちのくの土になるとも、
華の京(みやこ)が慕わしく、
涙にむせび泣いていた。

このとき実方の朝臣は、
幼いときの親の恩の深かったことを思い出して、
このように歌を詠まれた。

 「なくとだに おやはくすりの きりももさ 
  さしもしかりな すゆる思いは」
 (泣くだけで 親は薬にと 桃を切る
  桃を据える思いは それほどのものだ)
  
この歌は『道化百人一首』に載っている。

  実方「おれの姿は、鉄拐仙人が餓鬼道へ落ちたのかという扱いだ」

   アアラ みやこ こいしやナァ 
   ドロンドロン ドロドロドロドロ…


しかし、ちょうど傍らの一叢(ひとむら)茂っている竹やぶに、
雀があつまり巣について卵を温めているのを見ると、

 実方「私はこの場所で死んでしまっても、一念、雀になって京にのぼり、
    台盤所(だいばんしよの)の米を食おう」

と、こころに観念、観念な
雀のたまごと実方卿の一念とが合体して、
一羽のすずめと化した。
これが「実方雀」と申す話のいわれである。

(そして竹林の中では…)

03左


 父雀「御すずめご様もお健やかで、おめでたい詮議でござる」

 叔母雀「おふくらさま、まあまあ奥の竹縁でささでもあがりませ。
      鯛の味噌酢を申しつけました」

 祖母雀「よいお子やの」


(↓おまけ。実方の化身すずめのアップ。かわゆい☆)
03すずめアップ





【注】
「道化百人首に~」:うそです、載ってません^^;
        でも『道化百人一首』自体は実在する本で、
        小倉百人一首のパロディ作品を掲載した狂歌集。
        本文中の短歌の元ネタは『小倉百人一首』の51番、藤原実方の歌。
        「かくとだに えやはいぶいきの さしも草 
         さしも知らじな もゆる思ひを」

鉄拐仙人:李鉄拐。中国の代表的な仙人のひとりで、
      物乞いの姿をして鉄の杖をついていたという。

台盤所:宮中や貴族の家の台所。「だいばんどころ」ともいう。

実方すずめ:陸奥国(東北)から京に戻ることなく死んだ実方の怨念が、
       雀に化身して京に戻り、
       内裏(宮中)の食物や農作物を食い荒らすという伝説。
       詳細はwikipedia 「入内雀」の頁を参照されたし。

おふくらさま:ふくら雀+おふくろ様=おふくら様

竹縁:竹を張った縁側。
スポンサーサイト

« 桃太郎発端話説(ももたろうほったんばなし)④|Top|桃太郎発端話説(ももたろうほったんばなし)② »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kibyosi.blog.fc2.com/tb.php/4-bc123948

Top

HOME

野暮天のサチ

Author:野暮天のサチ
江戸のおもしろ文学『黄表紙』を読み始めて1年余り。
ど素人の独学なので試行錯誤中ですが、あまりにも面白いので、みんなにも「黄表紙読み」をお勧めしたいと思ってブログをはじめました。

この人とブロともになる

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。