ど素人、黄表紙をよむ

独学で黄表紙を読み、悪戦苦闘の成果をさらす。恥知らずの野暮天ですみません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人間一生胸算用④

人間一生胸算用04

善たましいの神通力で、京伝が無二郎の腹の中へ入ってみると、
腹の中に一つの国があった。
これが、かの小天地というもの、
名づけて無状無象(むじょうむぞうこく)と云う。

人間一生胸算用04 心と気

この国の旦那はつまり「心」である。
番頭は「気」だ。
「心」と「気」とは元々、一体分身である 

「耳・目・鼻・口」の四つのものは、重手代(おもてだい)役人
「足」と「手」は、手代から腰元、草履とり、丁稚までを兼ねて勤め、
中でも忙しい仕事だ。

この者どもの腰に、ひと筋ずつの縄をつけ、
主人の心がこれをしっかと締め括っていて、
手を動かそうとする時は手の縄をゆるめ、
歩もうとする時は足の縄をゆるめる。

皆々が心の下知に従って働いてる様子は、
鵜使いのごとく、猿まわしのごとしだ。
「心の駒の手綱ゆるすな」とは、この事である。

無二郎が心がけてより正せば、
よく落ち着いて皆に下知するので、
この国はよく治まって穏やかだ。

しかし恨むらくは、無二郎は年が若いために
番頭株の気は何かにつけて、折々、気のかわる事があり、
フラフラとした気になるのだが、
心は一歩引いてよく思案をし、
堅く気をいましめて、暮している。

人間一生胸算用04 京伝アップ

京伝はこの様子を不思議がる。
これを見れば、荘子が「蝸牛(かたつむり)のツノの上に国がある」と言ったのも、
まんざらの万八でもあるまい。

人間一生胸算用04 口手足

  口 「善たましいが“入ってみろ”と言ったのが、なるほど聞こえやした」

  足 「これこれ手よ、目をさませ、さませ。
     心の旦那がこんなガサツキから、綱を動かさっしやる」

  手 「ナァニ、知らねえフリをして寝るがいい。
     大方また、鼻に手ばなをかんでやれという事だろう。
     恐れ多い旦那だ」

  京伝「さてさて、おつりきな理屈のものだ。 
      まったくコケが宝引きを引くようだ」




無状無象:老子の「道(タオ)」の教えに出てくる、古に物事が生じる時の状態のこと。
       無色、無音、無形で手に触れないもの、目に見えない形、
       名づけることのできない状態を指す。

一体分身:一体である神仏が人の救済のために様々な姿で現れること。

重手代:古株の手代、商家の実務を大方引き受ける。

役人:役割のある人。(現代語の役人=役所勤めの人のことではない)

まんざらの万八:まったくのウソ
            「万のうち八つしか本当のことを言わないホラ吹き」のこと

おつりき:一風変わった

宝引き:糸の先に景品(果物など)がついているクジ遊び。


スポンサーサイト

« 人間一生胸算用⑤|Top|人間一生胸算用③ »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kibyosi.blog.fc2.com/tb.php/39-debbffe5

Top

HOME

野暮天のサチ

Author:野暮天のサチ
江戸のおもしろ文学『黄表紙』を読み始めて1年余り。
ど素人の独学なので試行錯誤中ですが、あまりにも面白いので、みんなにも「黄表紙読み」をお勧めしたいと思ってブログをはじめました。

この人とブロともになる

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。