ど素人、黄表紙をよむ

独学で黄表紙を読み、悪戦苦闘の成果をさらす。恥知らずの野暮天ですみません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人間一生胸算用③

人間一生胸算用03

京伝は、気の詰まった面白くもねえ悪長い講釈を聞く。
大いにシビレを切らしていたが講釈が終り、
善たましいが言うには

「あと、今からつれて行く所があるが、行ってみる気はないか」

などと言うので、京伝は

(こいつ吉原へでも行く口ぶり、まんざらでもねえ)と思い、

  京伝「こりゃァ、行くほうでごぜえしょう。
     今からいきなり吉原に飛び出したんじゃ、おもくろ山の村ツバメ。
     柳橋に幸い、やつがれ馴染みのお宿もありますから、
     サアサア」

…と、すぐにいきいきと急ぎ立つと、
善たましいは「イヤイヤ、船もへちまもいらぬ」と言い、
ひと声「乗りもの、これへ」と呼べば
一片の雲がおこり、善たましいと京伝を乗せた。

どこへ行くかと思っていたら、
京伝の東隣りの有徳な商人(あきんど)・無名屋無二郎の家に来たのだれども  
誰もこれを知る者はいない。

人間一生胸算用03 無二郎アップ

この無二郎というのは
いまだ二十三と年は若いけれども真面目な生まれで、
なりふりも構わず、朝夕そろばんを離さず、よく稼ぐ息子である。
今、ともだちの京伝を腹の中へ飲みこむ事とは
夢にも知らず、独り言を言っている。

  無二郎 「オラが隣りの京伝は、まさに空亡(くうぼう)な男だ。
       また4~5日出かけて、家へ帰らぬそうだ。
       馬鹿につける薬がないとは、よく言ったものじゃ。
       となりの疝気で、ああ頭痛がする」           

  京伝 「忌々しいやつだ。俺のことをクソのように言やァがる。
      くさめ、くさめ
  
そうしているうちに、京伝の体が豆人形のように小さくなり、
無二郎がふき出した煙草のけむりに連なって
無二郎の体の中へ入っていくとは不思議である。

人間一生胸算用03 マメ京伝アップ

京伝「ハイ、冷えものでござい。ごめんなさい」



おもくろ山:おもしろいの逆=「おもしろくない」の意味。

柳橋:といえば船宿(屋形船)である。
    今でも隅田川で商いをする多くの船宿屋が営業している。

空亡:「空亡」は四柱推命の用語で大変縁起の悪い日のことで、
      ここでは「家がカラっぽで縁起が悪い」程度の意味。
      四柱推命でいう干支とは、「子丑寅…」の十二支と、
      「甲(きのえ)・乙(きのと)・丙(ひのえ)…」の十支の組み合わせのことだが、
      空亡では十支が無くなり空になってしまう。                 
      ちなみに六星占術では「大殺界」といい、算命学では「天中殺」というらしい。

疝気:男性の下半身の病気。

となりの疝気で、ああ頭痛が~:ことわざ「他人の疝気を頭痛に病む」とかけている。
                     自分に関係のないことで余計な心配をすること。
          
くさめ:くしゃみ。はっくしょん。

冷えものでござい:銭湯に入るときの挨拶。
             身体が冷たいがごめんなさい、という意味。

※無二郎について
 身なりも構わず、まじめで田舎言葉を話す無二郎は
 粋な江戸っ子に対して、無粋で野暮な田舎者を象徴している。


スポンサーサイト

« 人間一生胸算用④|Top|人間一生胸算用② »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kibyosi.blog.fc2.com/tb.php/38-d0d3778d

Top

HOME

野暮天のサチ

Author:野暮天のサチ
江戸のおもしろ文学『黄表紙』を読み始めて1年余り。
ど素人の独学なので試行錯誤中ですが、あまりにも面白いので、みんなにも「黄表紙読み」をお勧めしたいと思ってブログをはじめました。

この人とブロともになる

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。