ど素人、黄表紙をよむ

独学で黄表紙を読み、悪戦苦闘の成果をさらす。恥知らずの野暮天ですみません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人間一生胸算用②

人間一生胸算用02

ある時、京伝(著者)がうかうかと拙庵をたち出で、
いずこへともなく出かけると、思いがけず善魂の隠れ家へ来て、
人間の体の講釈をきく。

人間一生胸算用02 善たまアップ

 善たま「人間の体は天地を小さくしたようなものじゃ。 
      すなわち、二ツの目は月日のごとく、肉は土に等しく、
      骨は岩石のごとく、血は水にて、脈は水の干満に等しく、
      毛や爪は樹木にて、つく息とひる屁は風のごとく、
      涙と小便は雨に等しく、言葉を言うのは雷の発するがごとく、
      体に生ずるノミ・シラミは鳥・獣の生ずると同じ通り、それ蛇によって
      股ぐらの谷あいには松苔も生じ、
      道その下の海辺には赤貝も埋まっているではないか。

      そのうち心というものは、天地造化の神に等しく、
      この者の了見次第で、聖人や仏も生まれ、また鬼も天狗も生まれる。
      かてんか、がてんか」

と、古風なせりふで、博物誌にいう 
「上肉川脈の引っくり返し」を言い聞かせる。

善たま「○老子は、聖人その心を虚にす、と言い、
    ○大學には、まずその心を正しくすべし、と言い、
    ○華厳経には、唯一心、と説きて、

    ○心こそ 心まよわず 心なり
    ○心だに まことのみちに かないない

    …という神詠を思うにつけ、とかく大事なものは心じゃ。
    “大事なこころ ほんだわら”などと悪い地口を言うなども、
     やっぱり心のしわざじゃ」

人間一生胸算用02 振袖新造

ここはさしずめ、
売薬見世の言いたてなら親王の人形という場だが、
それではあんまり色気がないから、
「しんのう」の代わりに新造と洒落たのだ。

京伝は、ただ「御もっとも、御もっとも」と合わせている。



博物誌:自然界の事物・現象を総合的に記述した書物。
      自然学のジャンルが分化する前の百科事典みたいな感じ。

古風なせりふ:ここの善玉のせりふは、心学の講釈の口調をまねている。
          (しかし善魂の割りには、下ネタがエグいっす…^^;)

大學:四書五経のひとつ「大學」のこと

神詠:神が詠んだ和歌

大事なこころ ほんだわら:ほんだわら(馬尾藻)は茶色くてプチプチした海草で
           上方では正月の蓬莱飾りに使うものらしい…のですが、
           この地口がどういう意味なのか、不明です。
           どなたかご存知でしたら教えてくださいm(=_=)m

地口こちらを参照されたし。

売薬見世:薬屋のことだが、なぜ売薬見世が見立てるのか文脈が不明。実在の人物か?

親王の人形=節句に飾る雛人形や古代天皇などの人形。
          前段落の「神詠」と「親王」をかけている。

新造:振袖新造=まだ体を売らない若い女郎。
     ここでは、画像の美少女のこと。


スポンサーサイト

« 人間一生胸算用③|Top|人間一生胸算用① »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kibyosi.blog.fc2.com/tb.php/37-5733b474

Top

HOME

野暮天のサチ

Author:野暮天のサチ
江戸のおもしろ文学『黄表紙』を読み始めて1年余り。
ど素人の独学なので試行錯誤中ですが、あまりにも面白いので、みんなにも「黄表紙読み」をお勧めしたいと思ってブログをはじめました。

この人とブロともになる

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。