ど素人、黄表紙をよむ

独学で黄表紙を読み、悪戦苦闘の成果をさらす。恥知らずの野暮天ですみません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心学早染艸(しんがくはやそめぐさ)⑮

心学早染艸15

道理先生がすっかり教訓をして、
後に目前屋の主人に勘当のわびを言うと、両親も大変に喜びました。

息子をすぐに呼び戻したので、
理太郎は粋の道をあきらめ、
親孝行をつくし、一族や家来をかわいがり、
大君子となり家は富み栄えました。
これみな道理先生の人徳だと、世間では言いもてはやしました。

あのよき魂のせがれ2人は親の跡目を継ぎ、 
末永く理太郎の体を住まいとして、
母をも養って、おこたらず守りました。
これより魂がすわって、再び立つことはありませんでした。

(おしまい)
スポンサーサイト

« 人間一生胸算用①|Top|心学早染艸(しんがくはやそめぐさ)⑭ »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kibyosi.blog.fc2.com/tb.php/35-b25313a3

Top

HOME

野暮天のサチ

Author:野暮天のサチ
江戸のおもしろ文学『黄表紙』を読み始めて1年余り。
ど素人の独学なので試行錯誤中ですが、あまりにも面白いので、みんなにも「黄表紙読み」をお勧めしたいと思ってブログをはじめました。

この人とブロともになる

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。