ど素人、黄表紙をよむ

独学で黄表紙を読み、悪戦苦闘の成果をさらす。恥知らずの野暮天ですみません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

方言競茶番種本①

『方言競茶番種本(むだくらべ ちゃばんのたねほん)
 ―左右ハ虎の皮の褌 此方にも荒神様―』


発行:文化12(1815)年 初春
作:十返舎一九
画:歌川国直
板元:鶴屋金助
http://www.wul.waseda.ac.jp/kotenseki/html/he13/he13_01927/index.html

この本は庶民むけの滑稽本で、アホな設定に下ネタ満載となっております^^
本文は人形浄瑠璃の底本(台本)のような態で書かれていて、
七五調を多用した語感がとても気持ちよいです。
この語感(リズム)をくずしたくなかったので、現代語訳は最低限にとどめました。

また、登場人物のせりふ部分には便宜上、
名前とカギかっこを付けましたが、
原文ではカギかっこも名前も入っていません。
(浄瑠璃なら、声色や人形の動きで表現するでしょうからね)
なので、せりふの名前部分を飛ばして読むと、
原文に近いリズムがお楽しみいただけるかと思います。

オチが鮮やかでカッコいいですよー^^

ここをクリックで、全頁まとめて読めます。
※本文中のアンダーラインは脚注です。脚注はページ下部に薄青色で書いてあります。
※画像はクリックすると大きくなります。




序文

(序文)

こっけい義太夫の竹本男徳斎(たけのもとなんとくさい)による
国性爺(こくせんや)の宿替えも、    
(ども)の又平による大津絵のちゃり場も、   
世に演じられること、しきりである。

今、先人(近松門左衛門)のまねをして、
私がこの書を著すことは、しかしまったく拠り所がない訳でもない。
私は以前に浪速へ上った際に、
故・近松東南の妻女から、浄瑠璃の仕事を一本受け得たこともある。
これを書くために調べて、
浄瑠璃のちゃり場をおおむね抜き書きしたのである。

その中から思いついて、
この道に通じた好士が節付けをされれば、
月待日待の宴の一興となって、
茶飯腹を消(こな)していただくことはできないかと、
例の『方言競 茶番種本(むだくらべ ちゃばんのたねほん)』と 
題したのである。

文化 亥初春
東都 十返舎一九志



武本男徳斎:初代。江戸中~後期に活躍した浄瑠璃太夫。

国性爺:浄瑠璃や歌舞伎の演目『国性爺合戦』。

吃の又平:浄瑠璃『傾城反魂香』に出てくる絵師。
      吃音のために出世できず、大津絵(お土産物のイラスト)を
      描いて暮らしている。
      ちなみに『国性爺~』も『傾城~』も近松門左衛門の作。

ちゃり場:芝居の笑い要素の多い場面。

近松東南:大坂の近松門左衛門の門下の、浄瑠璃作者。
      十返舎一九は武士として大阪に赴任していた時代に、
      東南の世話になって作家修行をしたらしい。

月待日待:月見や日の出を待つ酒宴。
      最初は信仰由来の行事だったが、
      江戸後期頃には宴会目的の行事になっていったらしい。

茶飯:番茶で炊いたごはん。月待日待で供される。

茶番:素人が演じる即興芝居

種本:ネタ本
スポンサーサイト

方言競茶番種本②

方言競茶番種本

■浄瑠璃大好き酒本家と、奉公人の太五助

鸚鵡(オウム)がよくものを言っても、声色を使わず、
せいぜいよく喋ったとしても潮来曲(いたこぶし)を歌わない。
人として生まれて声色潮来をうたわぬのなら、
日待ちの茶飯を、大っぴらに喰らうに値しない。
        
この例ではないけれども、これもまた浄瑠璃坂の片すみに、
酒本呑太夫(さけもとのんだゆう)という浪人があった。

妻も夫に連れ節とばかり、好む道といって下女・はしたまで、
家内のこらず諸事万事、みな人形浄瑠璃の仕草にて、
やってくる客人(まろうど)、諸商人(しょあきんど)も、
その心意気をかねてより、ぐっと合点している。

口入れのちょん兵衛、門口から小腰をかがめ、

  ちょん兵衛「ハイ、お頼み申し上げまする、
        酒本呑太夫様というのは、ご在宅でござりまするか。
        この間、仰せ付られました奉公人、召しつれて参りました。
       
        …コレ太五助。
        道々も言う通り、このお宅の旦那様はいたっての浄瑠璃好き。
        それゆえ朝夕なんでもかでも、
        みな浄瑠璃でやり付けねばお気には入らぬ。
        
        幸いそなたも浄瑠璃好き、これぞご注文の奉公人、と
        思ったゆえのわれらが口入れ。
        コレ必ず、ぬかるまいぞや」

…と、言い聞かせれば、太五助うち頷き、
しめし合わせて奥の間より、
この家の女房・お酌が立ち出で、

お酌アップ

  お酌 「ヲヽ、ちょん兵衛どのとやら、大儀大儀。
      委細はあれにて聞きました。
      シテ、その奉公人といやるのは」

  ちょん兵衛 「ハイヤ、すなわちこれなる男、名は太五助と申しまして、
         随分と実体者(じっていもの)、浄瑠璃は大の好物(すき)で 
         ござりますげにござります」

  お酌「ヲヽ、それさえ聞いたら、生国・身元をただすにも及ばぬ。
     しかしまた、他にもなんぞ言っておくべき事もやあるか」

と尋ねれば、太五助、板の間に平伏し、

太五助アップ

  太五助「ハヽッ、お尋ねに預かり、申し上げるもおこがましけれど、
       お庭廻りのはき掃除、お旦那のお髪、月代(さかやき)、薪もわり、
       飯も炊き、小料理もちくとんばかり、ちょっとお客へお吸い物、
       心得田んぼ酒の燗、あつ焼き玉子、ウド三つ葉、
       包丁とってトントントン、とんと抜け目は内証の、
       お徳用にはこの男、
       第一小食くわずとも、患わぬこと、請け合い/\その上に、
       お給金はなんぼでも、安いが望みでござります」
 
と、小鼻をいからして喋った。お酌は悦び、

  お酌 「ヲヽ、でかした/\、いさましい奉公人。
       呑太夫どのも、さぞお喜びであろうわいの」

  ちょん兵衛 「ハヽ、まずは奥殿の御意に入って、拙者めが安堵。
         このうえ旦那へおとりなし、お願い申し上げます」

と、いとま乞いしてちょん兵衛は、おもての方へ立ち出れば、
お酌は奥へ太五助を、伴いてこそ入っていく。



日待:朝のご来光を拝むために、夜通し開かれる酒宴。
    最初は信仰由来の行事だったが、
    そのうちちょっとした宴会の名目になっていったらしい。

はした:雑用係りの身分の低い女性。はしため。

口入れ:年季奉公の奉公人を用立てる手配師。口入屋。

実体者:まじめな者。実直な者。

月代:武士のおでこの剃ってある所。また、それを剃る仕事。

ちくとんばかり:ちょっとばかり

心得たんぼ:「心得た」と「田んぼ」をかけた洒落。
       歌舞伎の『下郎売(ういろううり)』に出てくる、
       威勢のいい口上の中の一節。

方言競茶番種本③

■不意の来客―下手の左衛門横好

こんな折から玄関先、「不時のお客の御入りなり」と、
わめきたてる声につれ、この家の主(あるじ)呑太夫、
衣紋あらため出迎えれば、入り来る客も浄瑠璃好き。

諸事、人形の身振りにて、悠々として座につけば、
呑太夫威儀を正し、

呑太夫の顔アップ (←呑太夫)

  呑太夫 「コレハ/\、下手左衛門横好(へたのさえもんよこずき)どの、
       まずもって御健勝で珍重/\」

下手横好の顔アップ(←下手横好)

  下手横好 「されば/\、其元(そのもと)にもご安体。
        それはともかく、只今それがし、まかり越したは、
        チト折り入って其元へ御無心申すことがござるて。
        ナントお聞き届け下さりょうや」

  呑太夫 「コレハ/\御挨拶。
       日ごろ貴殿とは水魚の交わり、申さばお互いのこと。
       御用あらば何なりとも」

  下手横好 「ホヽヲ、早速の御得心、まずは喜び申し上げる」

  呑太夫 「シテ、その御無心とは何の御用」

  下手横好「イヤ、特別の事情でもござらぬ。
       今日それがし所用あって、御門前をまかり通る折から、
       かねて昨夜より虫腹をこうむり、
       はばかりながらくだり続け、只今も腹痛はなはだしく、
       しきりに大用きざしけれども、
       さしあたってしかるべき雪隠(せっちん)も見え申さず、 
       如何はせんと存ぜしところ、はからずも貴殿の御宅を見受け、
       これ幸いと雪隠の御無心に参ったり。
     
       何とぞ御大事のものながら、しばらくお貸し下さらば、
       しこたま下してこの苦痛を助からんことを、
       生々世々(しょうじょうせせ)の御高恩、ひとえに願い奉る」

と、言う顔さえも青ざめて、ガチガチ震えて頼むにぞ、
呑太夫納得し、

  呑太夫 「ハヽア、近ごろの御辛抱、察し入る。
       イデ、雪隠(せっちん)を御用立てん。
       ヤア/\誰かある、手水鉢(ちょうずばち)に水を入れよ、早う/\」

  下手横好 「イヤ/\、お構いくだされるな。
        はなはだ早急になって参ったれば、すぐさまこのまま」

  呑太夫 「しからばご案内仕らん。
       貴殿のお腹くだるとござらば、イザびりついて、ござりませ」



雪隠:便所。かわや。

:すっきり。

方言競茶番種本④

■酒本家のお台所

お勝手の方では、にわかに騒ぐ下女はした。
お茶よ、お菓子よ、煙草に盆、ガタヒシ開くる、ひと間の障子。

呑太夫の顔アップ

あるじ呑太夫ずっと出て、

  呑太夫 「コリャ/\女ども。
       横好殿へのもてなし、御酒・肴の用意いたせ。
       おなべ、それなる釜の下、こっぱクズか炭俵、
       心附け木に火をうつし、焚きたて焚きたて、湯をわかせ。
       その内棚なる鰹節箱(かつぶしばこ)、
       おろしてごし/\、合点か。早う/\」

と下知すれば、
「心得ました」と下女おなべ、鰹節箱を引出せば、
呑太夫はっと心付き、

  呑太夫 「コリャ/\おなべ、もしも油断を見すまして、
       鰹節を猫めがさらわば、いかに/\」

おなべと猫 (←下女・おなべ)

  おなべ 「ハヽ、仰せの通りでございましょう。
       その時こそは床の下、天井屋根うら揚板の、
       下に猫めが隠るるとも、命にかけて訪ね出し、
       この板の間に鼻づらを、こすってお目にかけましょう」

  呑太夫 「ホヽでかした/\。
       シテ、新参の太五助めはいづくにおる」

太五助アップ (←奉公人・太五助)

  太五助 「ハヽッ、拙者めに御用かな」

  呑太夫「いかにも/\。
      その方、是より新道(しんみち)の豆腐屋へまかりこし、
      豆腐小半丁とってまいれ。早う/\」

  太五助「ハヽッ、委細、承知仕る」

と、そのまま飛びおり、尻ひっからげ、太五助いさみの声高く、

  太五助「豆腐の御用をつとむるそれがし、
      もしもや切れたのなんのかの、
      酢のこんにゃくのとぬかすが最期、
      その豆腐屋の宿六(やどろく)めが、
      そっ首を引き抜き立ち帰らん」

と、踊り上がれば、おなべはぬからず

  おなべ「イヤ/\/\、血気にはやるは油揚(あぶらげ)/\、
      奴どうふと侮られ、田楽ざしの用心あれ」

  太五助「ハヽヽヽ、いらざる世話を焼き豆腐

と、味噌こし小脇にかいこんで、飛ぶがごとくにかけり行く、
あと打ち見やり、

  呑太夫「エヽ、しなしたりわすれたり。
      ついでに大根唐辛子、葱もいつしょに買わすべきもの、残念/\。
      コリャおなべ、太五助を呼び返せ」

と、言う間もあらせず立ち帰る、
太五助が大わらわ、表口より大音上(だいおんじょう)…



酢のこんにゃくの:なんのかんの。あれやこれや。

宿六:ろくでなし

油揚げ油揚げ:「あぶない、あぶない」とかけた洒落。

奴どうふ:奴(やっこ)=雇われの身分の低い者、とかけた洒落

田楽ざし:反撃にあって串刺しにされることを、田楽に例えている。

世話を焼き豆腐:「世話を焼く」と「焼き豆腐」をかけて、
         おなべの洒落に洒落で返している。

方言競茶番種本⑤

■太五助の切腹

太五助とトンビ

  太五助 「さてもそれがし、仰せをうけ、
       豆腐を買い求め立ち帰らんとせし所に、
       いづくよりかは来たりけん、鳶(とんび)一羽、舞い下がり、
       豆腐を目がけるその有様。
       "シヤ、こしゃくな"と身をかわし、
       小石をとって打ちつけ/\、いどみ争うそのうちに、
       四方を見れば、これはいかに。

       いつの間にか二羽三羽、四ツ谷鳶を初めとして、
       しわの山の尻きれとんび壇ノ浦の八艘とび
       黒とび赤とび横っとび、
       爪研ぎすまして、それがしに、輪をかけてこそ取り巻いたり。

       すわ、一大事と根(こん)限り、命限りと支えけれども、
       多勢に一人かなわばこそ、あたまも顔もかきむしられ、
       無念ながらも小半丁、つかみひしがれ候」

と、大息ついで物語る。

太五助の話すうちより呑太夫、青筋出して大きにせい立ち、

台所の戦い

  呑太夫 「ヤア、不覚なり太五助。
       先刻の広言にも似ず、
       とんびに豆腐を茶々むちゃくちゃにされながら、
       生づらさげて立ち帰ったる、うつけ者。
       目通り叶わぬ、すさりおろう」

と、有り合わせた摺粉木(すりこぎ)とって打ち付けられ、
身のあやまりに太五助は、さしうつむいて居たりしが、

  太五助 「ヲヽ、そうじゃ。
       この摺粉木にて腹を切るが、お旦那へ申し訳」

と、両肌おしぬぎ、既にこうよと見えければ、
おなべは慌て、すがり付き、

怒られた太五助  おなべの顔アップ

  おなべ 「またしゃんせ/\」

  太五助 「イヤとめるな、はなせ/\」

  おなべ 「イヽエ、はなさぬ」

  太五助 「さてしつこい、主人へ申し訳の此の切腹、何ゆえ思いとどめる」

  おなべ 「イエ/\、腹きらしゃんすを止めはせぬ。
        今お味噌をするゆえ、このすりこ木が入用じゃ」

と、ひったくられて太五助が、それやってはとむしゃぶりつけば、
呑太夫、はったと睨めつけ、

  呑太夫 「ヤア間抜けの太五助、汝が腹きりたるども、
        なんの糸瓜(へちま)にもならぬ事、
        それよりかは我にひとつの功をたてよ。
        その時は許しくれん」

  太五助 「ハヽッ、有難き旦那のお言葉、死なんとまで覚悟せし太五助が一命、
        お助け下さる上は、いかにもこの身の御恩返し。
        ひとつの功を立てたる上は…」

  呑太夫 「ヲヽ、いうにや及ばず。くどい/\。
        …が、それよりも差し当たって、
        小半丁の豆腐が延引に及びては、横好殿へ馳走にならず。
        ハテ、どうがな…」

と思案の内、下手の横好出て来たり。



四ツ谷鳶:四ツ谷で作られていた鳶の形をした凧。
        これを四羽の鳶とかけて洒落ている。

しわの山の尻切れ鳶:よくわからなかった。
               「しわ」は紫波の山と「四羽」をかけている?
               「尻切れ鳶」は「尻切れトンボ」と同意語。終りがはっきりしないこと。

壇ノ浦の八艘とび:いわゆる"義経八艘飛び"のこと。
             壇ノ浦の戦いで、平教経に襲われた源義経が
             船から船へと飛び移り八艘の彼方に飛び去ったという伝説。
             「とんびと関係ないがな!」と突っ込みたい洒落。

Top|Next »

HOME

野暮天のサチ

Author:野暮天のサチ
江戸のおもしろ文学『黄表紙』を読み始めて1年余り。
ど素人の独学なので試行錯誤中ですが、あまりにも面白いので、みんなにも「黄表紙読み」をお勧めしたいと思ってブログをはじめました。

この人とブロともになる

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。