ど素人、黄表紙をよむ

独学で黄表紙を読み、悪戦苦闘の成果をさらす。恥知らずの野暮天ですみません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桃太郎発端話説(ももたろうほったんばなし)①

『桃太郎発端話説』
1792(寛政4)年
作:山東京伝
画:勝川春朗(のちの葛飾北斎)
版元:蔦屋重三郎

ここをクリックすると、全頁まとめて読めます。
※本文中のアンダーラインは訳注です(脚注はページ下部に薄青色の字で書いてあります)。
※画像はクリックすると大きくなったりします。




正直夫婦の暮らし

昔々のことだとさ。

みちのくの片すみに、じじいとばばあとがあったとさ。
夫婦ともにうんと正直なもので、仮にも悪い心をもたず、
哀れみふかい者で、飼い鳥をあきなって生活していた。

けれど、命あるものを飼うのも大きな罪なので、
商売の道に外れていることを嘆きながら、
常に物事に情けをかけて暮らしていた。

たとえ話の節では、猿と犬は仲の悪いものだけれども、
正直夫婦の誠実さから飼われる者まで和順して、
狆(ちん)と猿はとりわけ仲良くし、
雉などはこの家にぴったりハマッていた。

どうしてお婆よ、
焼け野の雉(きぎす)、夜の鶴、
畑の里芋、むつのハラコ
を思わぬものはないというのに、
こちらはこの歳になって子どもがないというのは、
まったく心細いことではおぢゃらぬか。

 正直爺「おばばや、放し鳥ならば損をしても売ってやるが良いぞや」


けんどん婆ァ

その隣りに、ひとの洗濯などして生計をたてている、
やもめ暮らしの慳貪(けんどん)ばばあがあった。
隣りの正直なあくぬき夫婦に似ず、色黒く、骨太く、アクはたくさん、
欲で〆こむひぼかわのうんどん愚鈍な生まれで、
つねにワサビおろしの目にカドをたて、イヤミからみが得手もの。
おろし大根ふと印、唐辛子のふさふさしいお婆である。

 慳貪婆「今日は天骨(てんこち)もない、よい天気じゃ。
     とかく、てんやわやの灰汁でなくては貧乏世帯のアカは落ちぬ。
     真面目にやっては、間尺に合わぬてや」

全体像。声が届くようなお隣りんさん同士です。
↑全体像。声が届くようなお隣りさん同士です。




【注】

飼い鳥:カナリヤ、文鳥などの小鳥。

焼け野の雉子 夜の鶴:「鳥でさえ、子を思う親の情けは深い」という意味の慣用句。
                 「畑の里芋 むつのハラコ」はギャグ。

慳貪:けちで欲が深く、無愛想で冷たいこと(「つっけんどん」の語源)

あくぬき:灰汁抜きしたように色が白いことと、「悪ぬき」な人柄をかけている。

ひぼかわ:ひぼかわうどん。いまでも秩父方面で食べられている。
      江戸っ子至上主義の京伝が野暮な田舎者を馬鹿にしてる?^^;

ふと印:ふとい。

ふさふさしい:厚かましい。唐辛子の「房」とかけてる。

天骨も無い:とんでもない

スポンサーサイト

桃太郎発端話説(ももたろうほったんばなし)②

慳貪婆と実方。婆の形相がすごい

その頃、中将実方(ちゅうじょうさねかた)という人が天皇の怒りをこうむり、
みちのくの方へさまよって来られた。
そうでなくても旅は憂きものなのに、
実方卿は歩きなれない山坂と飢えに苦しんでいたので、
慳貪婆の家に立ち寄り、食物をお求めなさった。

しかし慳貪婆は、
もとより情け容赦のない者なので、
食べ物を差し上げず、
気の毒にも追ったててしまうとは、不敵なことだ。

実方は
「こう、腹がへりま大根ときては、ふと印といわれても
 あとへもさきへも行くことは、ならずの森のみそさざい」と
 ひとりつぶやいていらっしゃる。

慳貪婆「こっちのがにっちもさっちもいかず
    てんやわやときているものを、クソいまいましい。
    まったく内裏雛の店(たな)さらしと来たわ。」 
  
正直な夫婦はこのていを見て、お気の毒に思い、
実方をわが家にともなって
色々と労わりの言葉をかけるとは、優しいことだ。


正直夫婦に桃をめぐんでもらう実方

正直夫婦「なんぞ差し上げたくはございますが、
     東(あづま)の果ての山ときておりますので
     ひきの屋のどらやきさつまいもや、四方の瀧水(よものたきすい)というような場所も、
     なしの切り口という具合です」
   
    「これは、せどになった桃でございます。
     これでもお持ちになって飢えをおしのぎなされませ。
     まったく、おいたわしや、おいたわしや」

うまいももや かわいのももやとは、
故人はくえんのお定まりかえ。

 実方「これはまったく美味そうな桃じゃ。
    しかし大の痛事(いたごと)、近年の大当たりと来たわ」




【注】
中将実方:藤原実方。平安時代の貴族で有名な歌人。
       歌についてのもめごとで天皇の怒りをかい、陸奥守として東北に飛ばされた。

「腹がへりま大根ときては…」:高貴な公家がこんな汚い地口を使ってるというギャグ。
   腹がへりま大根ときては=腹がへったときては
   ふと印といわれても=図太い人だと言われても
   ならずの森のみそさざい=できない

内裏雛の店さらし:売れ残った内裏雛。

「ひきのやのどらやき~」:この下りは要するに、
             田舎だから洒落た美味い食べ物も銘酒もない、と言ってる。

どらやき さつまいも:美味しいものを表す地口。
            「ひきのや」はおそらく実在した店の名前であろう。

四方の瀧水:江戸神田和泉町の酒屋、四方(よも)久兵衛の銘酒「瀧水」。
       四方久兵衛では赤味噌も販売していたらしく、
       一杯飲むことを「鯛の味噌吸、四方のあか」という地口も流行った。
       ちなみに四方九兵衛はいまも16代目が赤坂で営業してるようだ。
       (しかし江戸時代の「瀧水」はブレンド酒だったようで、現在は販売していない。残念☆)

なしの切り口:「なし」と「梨」をかけた洒落。
        「梨の切り口」は家紋などによく使われる柄の名前(↓これ)。
         梨の切り口の家紋
うまいももや かわいのももや:桃の美味しさと桃売りの売り声と掛けている。
                文脈的に歌舞伎の台詞とも掛かってるのかも?

故人はくえん:歌舞伎役者の4代目市川団十郎(俳名・柏莚)と思われる。

痛事:痛手。非常につらく困ったこと。

桃太郎発端話説(ももたろうほったんばなし)③

03右

そうして実方卿は正直夫婦の情けの桃で、
しばしの飢えをしのぎ、また行く先におもむいていったが、
この程の疲れにはご様子がいままでと違い、
道のかたわらに病み伏してしまわれた。  

「懐かしき京の空は雲とのみか」と眺めやり、
つれない命を嘆き、 
このようにみちのくの土になるとも、
華の京(みやこ)が慕わしく、
涙にむせび泣いていた。

このとき実方の朝臣は、
幼いときの親の恩の深かったことを思い出して、
このように歌を詠まれた。

 「なくとだに おやはくすりの きりももさ 
  さしもしかりな すゆる思いは」
 (泣くだけで 親は薬にと 桃を切る
  桃を据える思いは それほどのものだ)
  
この歌は『道化百人一首』に載っている。

  実方「おれの姿は、鉄拐仙人が餓鬼道へ落ちたのかという扱いだ」

   アアラ みやこ こいしやナァ 
   ドロンドロン ドロドロドロドロ…


しかし、ちょうど傍らの一叢(ひとむら)茂っている竹やぶに、
雀があつまり巣について卵を温めているのを見ると、

 実方「私はこの場所で死んでしまっても、一念、雀になって京にのぼり、
    台盤所(だいばんしよの)の米を食おう」

と、こころに観念、観念な
雀のたまごと実方卿の一念とが合体して、
一羽のすずめと化した。
これが「実方雀」と申す話のいわれである。

(そして竹林の中では…)

03左


 父雀「御すずめご様もお健やかで、おめでたい詮議でござる」

 叔母雀「おふくらさま、まあまあ奥の竹縁でささでもあがりませ。
      鯛の味噌酢を申しつけました」

 祖母雀「よいお子やの」


(↓おまけ。実方の化身すずめのアップ。かわゆい☆)
03すずめアップ





【注】
「道化百人首に~」:うそです、載ってません^^;
        でも『道化百人一首』自体は実在する本で、
        小倉百人一首のパロディ作品を掲載した狂歌集。
        本文中の短歌の元ネタは『小倉百人一首』の51番、藤原実方の歌。
        「かくとだに えやはいぶいきの さしも草 
         さしも知らじな もゆる思ひを」

鉄拐仙人:李鉄拐。中国の代表的な仙人のひとりで、
      物乞いの姿をして鉄の杖をついていたという。

台盤所:宮中や貴族の家の台所。「だいばんどころ」ともいう。

実方すずめ:陸奥国(東北)から京に戻ることなく死んだ実方の怨念が、
       雀に化身して京に戻り、
       内裏(宮中)の食物や農作物を食い荒らすという伝説。
       詳細はwikipedia 「入内雀」の頁を参照されたし。

おふくらさま:ふくら雀+おふくろ様=おふくら様

竹縁:竹を張った縁側。

桃太郎発端話説(ももたろうほったんばなし)④

04右

実方の一念はすずめの子となり、都の方へと向かったが、
巣離れしたばかりでは、たいして飛ぶこともできず、
里の子どもに捕らえられ難儀していた。

ちょうどその時、正直爺がここへ通りかかり、
実方の一念とも知らずにすずめの難儀をみかねて、
子どもらに値の銭をやり、頼んですずめを受け取り、我が家へ帰った。

 正直爺「子どもらをよく言いくるめて、すずめを助けてやりましょう。
     これこれ、子ども。
     このぜぜをやるから、そのすずめを俺にくれ。よい子じゃ」
   
 子供「ぶっちめろ!」
   「このすずめは、おいらが捕らえまえた。
    誰にもやることは、ならぬならぬ」


04左

正直爺はすずめをつれて帰ったが、
そもそも鳥屋なので、さっそく籠に入れ餌をあたえて、いたわった。
もともと、これは実方の一念のすずめであるから、
すずめは重ね重ねの情けを感じて、正直夫婦を慕ったので、
のちには籠をだして放し飼いになり、夫婦はことなく可愛がった。

すずめ「勧学院のすずめは蒙求(もうぎゅう)をさえずる」と申しますが、
    私はお前方にかんがくされるすずめでござれば、
    モウモウ、ギュウの音も出ませぬてや。
    ずずめの難儀をお救い下さったのだから、
    チウチウの御恩でございます」
  
正直爺「あんまり出歩いて、猫やイタチにとられまいぞ。
    がてんか、がてんか


  
【注】

「勧学院の雀は蒙求(もうぎゅう)をさえずる」
   日常的に接してる物事は自然に身に付く、という意味の諺。
   勧学院は藤原氏の学問所で、『蒙求』は勧学院で使ってる教科書。
   勧学院には、実方の化身である入内雀が死んで発見されたという伝説があり、
   これを供養をするための「雀塚」がある。
   (しかしこのお話の雀は京には帰らず、正直夫婦のもとにいついてしまったっぽい^^)

モウモウ、ギュウ:蒙求とかけている

チウチウ:雀の鳴き声を「忠々」とかけている

がてんか、がてんか:当時流行っていた心学(人の心の道を諭す教え)を、
            坊さんが子供に説いてきかせるときの口調のまねらしい。

桃太郎発端話説(ももたろうほったんばなし)⑤

05右

そうして、すずめは正直夫婦の愛しみをうけ、
籠中(こちゅう)の苦しみもなく放し飼いになって暮らしていた。

しかしある日、のどかに日当たりに出て遊んでいるうちに、 
となりの慳貪婆の洗濯のりとは知らず、
たらいにあった姫のりをしたたか舐めたところ、
慳貪婆が見つけ、とんでもなく腹を立てて、
すずめの舌をちょっきりと切り、思い知らせてこました。

  慳貪婆「のりをみんな、せしめうるしと出た。
      厚かましいすずめだ、 
      牛のツノの切り口太いの根付けときたわ。
      どうだ、すさまじかかろうがや。天井を見たり」

  雀「まったく生塚のばばあ六道の辻の舞台顔ときたわ。
    この仕打ちは故人天幸もどき。
    すずめに憂き目をみせるからは、タケノコばばあではないか。 
    いまに思いしらせてくれん」


05左

口はわざわいの門、舌はわざわいのもと。
すずめは、慳貪婆の姫のりをせしめて舌を切られ、いまさら面目なく、
飛ぼうとすれど、のりをしたたか舐めたので羽も体も板天神ときて、
もとの古巣へも帰りがたく、
「死ぬよりほかなし」と浜辺に向かってさまよい歩いて来た。

稚児ヶ淵の白菊古池の蛙になったかという仕草で、 
どんぶらこと飛び込んだが、体のノリは溶けたが寒の内だったため、
体が凍ってハマグリになったとは、こじつけらしいことだ。 
まことに「あさりはまぐり、のりうりをする」という言葉も、根拠があることなのだ。

実方の一念が化したすずめは、ほどあって、稚児ヶ淵の歌を詠む。 
あおものづくし。

もろこしに ゆりのねかやと やまうども
 むかごのいもで はだな あぶらげ


"いっそ、この身をすずめ(沈め)"に、かけてそうじゃ。





【注】
姫のり:飯で作った糊。洗濯や障子張りなどに使う。

せしめうるし:「せしめる」とかけた洒落。
        瀬しめうるしは、漆(うるし)の木から取ったままの漆液のこと。器具の修理などに使う。     

牛の角の切り口、太いの根付け:「太い」という意味の洒落(地口)。
                ここでは「(糊を食いやがって)ふとい舌だ」という意味。
                根付は帯から下げる煙草入れで、高級なものは象牙や牛の角で作られた。

天井を見たり:思い知ったか。ざまあみろ。
       「天井を見せる」で「ひどい目にあわせる」の意味。

正塚の婆:奪衣婆ともいう。三途の川で渡し賃を持ってこなかった人の衣服をはぎとる婆。

憂き目:原文は「うきね」と表記されているけど、誤字っぽい。

六道の辻:京の都と街外れの寺社地区との境目。あの世とこの世の境目と考えられた。

故人天幸:歌舞伎役者の2代目中島三甫右衛門(屋号"中島屋"、俳名"天幸")と思われる。
      すさまじい悪役が当たり役の名優で、1783年に58歳で亡くなってる。
         二代中島三甫右衛門(豊国)豊国が描いた2代目中島三甫右衛門(「古今俳優似顔大全」「中島家系譜」より)

板天神:板で作った天神様の像。姿や様子が四角ばっていることのたとえ。

稚児ヶ淵の白菊:稚児ヶ淵は江ノ島にある崖。
         鎌倉のお寺の稚児(男子)白菊が江ノ島に百日詣でに行った際、
         坊主にしつこく恋慕されて崖から身を投げた伝承がある。
         この話をもとにして、歌舞伎『桜姫東文章』も作られている。

古池の蛙:松尾芭蕉の有名な句からの引用。

・「もろこしに~」:「いっそこの身を沈め~」は前述の歌舞伎の台詞と思われるが、
           どういう洒落で「青物(野菜)づくし」なのか不明。
           野暮天ですんません…。

・「浅蜊 蛤 海苔売りをする」:元ねた不明。ちなみにネットで調べたところ、
           木更津では浅蜊・蛤・海苔は昔から名産品の3点セットだという記述を見つけたので、
           江戸前の海産物の売り声にかけた洒落かも知れない。

Top|Next »

HOME

野暮天のサチ

Author:野暮天のサチ
江戸のおもしろ文学『黄表紙』を読み始めて1年余り。
ど素人の独学なので試行錯誤中ですが、あまりにも面白いので、みんなにも「黄表紙読み」をお勧めしたいと思ってブログをはじめました。

この人とブロともになる

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。